転職情報カテゴリー一覧

転職の面接でする「自己紹介」について

スポンサードリンク


転職の動機が転職の面接で問われる質問のトップですが、明確になっていますか?面接のポイントやそれ以前の書類審査、履歴書の書き方の注意など、情報を整理しておきましょう。これから転職成功ノウハウです。転職希望者が面接で求められる「自己紹介」というのは、前職、または現在携わっている職業におけるその人の役割や、仕事の成果、学んだ事を指しています。

特に異業種への転職の場合、自己紹介となる、今の仕事に関する質問への答えは、取り違えなどをしやすいので、面接官の意図をきちんと理解し、答える時には面接官にわかりやすく、質問の意図に即した答えをしなければなりません。

転職を希望するにあたり、自己紹介では「今(前)の職業」について面接官から質問をされます。
「どんな仕事をしていたのですか?」と、まずは漠然と、そして具体的な部分にも踏み込んで質問がされていくというのが通常の流れですが、ここで注意したいのは、面接官が尋ねたい事は、仕事の内容よりも、その仕事を通してどのようなことを発見したり学んだか、どんな結果で評価されたのかされなかったのか、という、転職後の仕事への取り組み姿勢を知りたいと考えています。

業務内容は簡潔に、しかしながら専門用語は羅列せず、何かに置き換えて説明するなどしてわかりやすく話すように心がけましょう。
転職前の仕事で、苦労したことやその対処法、その結果どのような成果を得られたか、というストーリーを考えておき面接に臨むと、自己紹介とあわせて面接官と自然に会話が進んでいきます。

例えば、転職前(現在)ある企画のプロジェクトのリーダーを任されたとして、それについて話す時、まずおおまかに業務の内容と目的、そしてそこで養ったものや求められるスキルとしてどんなものを感じたか、を話していきます。
「どんな」業務を「どのようにして」遂行したか、が重要なポイントです。

仕事の中では当然たくさんの人との意思疎通が求められていきますので、こういった場合はコミュニケーション力も備わっていることが当然の条件となりますね。
異業種への転職や、人事専門の面接官に対しても、わかりやすく、不明な点は確認しながら説明していけば、説得力も出て面接官に与える印象もぐっと良くなります。

また、その仕事の結果どのようなことを学んだのか、会社や顧客からの評価はどうだったのか、ということも付け加えて説明しましょう。
特に求められていないようであれば無理に説明するのは避けて、ひとつひとつ、面接官の意図から外れてしまわないように気をつけて話を進めていきます。

また自己紹介のひとつとして職務の内容ということを中心にご説明してきましたが、特技はや趣味、自分の長所や短所、性格などを質問されることもあります。
有名な質問は「自分の短所は?」というものです。

これは、「長所」であり「短所」にもなり得るという言葉のからくりを利用するとうまく対処できます。
細かい仕事を緻密にこなせる、と言えば長所ですが、小さなことにこだわりすぎてしまう、と言えば短所です。

これを逆に考えて、短所をただ説明するだけでなく、「?but?」というような話を進めていくことで印象がただ悪くなることを避けることもできます。
このように一口に自己紹介と言っても、その中身は様々です。

日頃から、自分を見つめて日記など文字で書いてみて、自分のことをまとめてみるというのもひとつの方法ですし、してきた仕事の内容やそのとき感じたことから自己紹介を構築していくこともできます。
面接でしどろもどろにならないよう、自分の事はきちんと整理して転職の試験、面接に備えてください。

スポンサードリンク


転職関連情報の人材紹介所情報をまとめています。
なお、最新の情報を取得するよう注意はしておりますが、保証の限りではありません。
あくまで、参照程度にお願いいたします。

ヴァーズ
〒103-0015
東京都中央区日本橋箱崎町31?5
職業紹介所
電話番号
03-5651-2850

35/40/38.928,139/47/27.258

(株)ノーベルインターナショナル
〒103-0025
東京都中央区日本橋茅場町1丁目6?12
人材紹介所
電話番号
03-5649-2871

(有)チェリーブラッサム
〒125-0041
東京都葛飾区東金町7丁目3?15
クリーニング,人材紹介所
電話番号
03-5648-2107

エスアンドエー(有)
〒103-0025
東京都中央区日本橋茅場町2丁目17?13
マネキン紹介所
電話番号
03-5643-7317

(株)パラ・アルタ
〒103-0013
東京都中央区日本橋人形町1丁目16?6
人材紹介所,翻訳業
電話番号
03-5643-7030

| コメント (0) | トラックバック (0) |

転職情報カテゴリー準新着記事

医師・看護師の転職
転職する人が増えている。誰にでもわかるような資格さえ持っていれば、比較的転職も容易なように思えるが、そんな資格の代表格とも言える、医師・看護師の転職は、どうなのだろうか。

就職 転職フェア
就職や転職のために転職フェアや就職フェアなどが行われています。これらの就職・転職フェアは、就職・転職希望者や求人企業の双方にとって、とても有用なイベントになっています。是非、就職・転職フェアを活用していきましょう。  

中高年 転職
ですが、今、中高年世代の多くが転職していることも事実です。やはり、中高年にとって転職は厳しい状況にあります。中高年の転職情報を掲載しているホームページがたくさん見つかるはずです。

『転職 面接 質問 回答例』
面接で聞かれて困る、よくある質問とその模範回答例、また人事の質問意図をアドバイスしましょう。模範回答例:「ありがとうございます。よくある質問?「転職回数が多いように感じますが?」

履歴書と「転職理由」の関係
新卒者の履歴書、キャリア採用での履歴書は当然内容的にも異なってきます。履歴書を書く上では、限られたスペース内にそのような詳しい転職理由までも書くことは難しい事です。

適職診断テストを無料で受けよう!
適職診断テストは、そのような時に助けになってくれるものです。適職診断テストにも、多様なタイプがあります。無料の適職診断サービスは、仕事選びに迷った時などに便利に使えるはずです。

数々の転職フェアが開かれる東京国際フォーラム
東京国際フォーラムで開催される就職・転職フェアの一例を挙げていくと、アイデム主催の転職フェア「転職者・新卒者のための職選広場」、インテリジェンス主催の「DODA転職フェア」、毎日コミュニケーションズ主催の転職フェア「マイナビ転職EXPO」と有名業者が多数の就職・転職フェアを開催しているのがよくわかります。

30 代 転職
これまでの会社がどうこうとか、転職の理由がどうこうとか言うことよりも、まずは、いかにして転職活動をはじめるのか?

転職理由と履歴書の書き方について
書き方としては志望動機欄に転職理由を書いたり、Webなどではそのまま「転職理由」の欄が設けられている事もあります。

リクルート 転職フェア
リクルートエージェントの転職フェアは、次の様な方に合っています。リクルートエージェントの転職フェアで、自分の転職を客観的に見てみませんか。  

「中高年の再就職」
再就職しようとする中高年に相手先がが求めるのは主に「すぐに仕事ができる人」「すぐに成果がだせる人」です。

適職検査とは?
「自分にもっと向いている仕事があるのでは・・?」適職検査と同時に、仕事に関する相談や職業カウンセリング、キャリアカウンセリングなどを受けられる場合もあります。

転職理由からみる「第二新卒者」
ここでは、転職理由から「第二新卒」という転職希望者層について考えていきます。現在第二新卒者の転職活動にスポットが当たっています。

日経 転職サイト
検索方法としては、キーワード検索・職種からの検索・勤務地からの検索・非公開求人からの検索・希望条件からの検索、ができるようになっている非常に有用な転職サイトです。

転職情報 比較と利用法
就職情報を、転職のエージェント系で比較をする方法です。良く転職情報を比較と利用法を検討して納得して転職できるようにしていきましょう。